WORK&PEOPLE WORK & PEOPLE
kogure
WORK&PEOPLE WORK & PEOPLE
kogure
#07 INTERVIEW

シエリアブランドを
海外へ

  • 2017年入社
  • 海外事業部 バンコク駐在員事務所 駐在
  • 小暮 哲理

軸をもって行動する

私は、ASEAN諸国を基軸とした住宅開発事業に携わっています。
担当業務は各国の情報収集から新規プロジェクトの事業性検証、既存プロジェクトの推進まで多岐に渡ります。そのほか、会計管理業務や海外出張の手配など、海外事業に関わることすべてが業務範囲です。
私が仕事をする上で最も大切にしているのは、自分の軸を持つことです。次に、取引先との“Win-Win”な関係を目指すこと。また、周囲の考えにアンテナを張ることにも気を付けています。
海外事業は会社にとっても自分にとっても初めての経験の連続です。文化や商習慣も違うため、国内と同じ仕事の進め方では、なかなかゴールにたどり着けません。
経験のない場面や変化に富んだ場面でも、自分の軸を持って行動することで、一つずつ物事を前に進めていくことができます。
タイ・バンコクでのプロジェクトの推進に伴い、駐在員事務所の設立や現地スタッフの採用も担当していますが、常に自分の中にしっかりと軸をもって行動することを心がけています。

小暮 哲理 - 紹介写真2 小暮 哲理 - 紹介写真3

若手の自分が主力に成長する

私が海外事業部へ異動して間もなく、タイの現地企業とタッグを組みプロジェクトを進めることが決まりました。
パートナー企業との折衝にも課題が積み上がる中、若手の自分に何ができるのか悩み、無力感を覚えた時期もありました。しかし、チームで協力し無事に事業開始が決定したときには、大きな達成感とともに、自分の成長も実感できたことを覚えています。
現在は、タイにおける事業拡大という大きなゴールに向け、既存のプロジェクトを軌道に乗せつつ、新規プロジェクトの立ち上げ準備も進め、一段一段、階段をのぼっているところです。
まだまだ動きはじめたばかりの海外事業部において、若手の私が主力に成長することが、会社の成長、そして会社の未来に繋がると考えています。私自身の成長に向け特に意識しているのは、例えば課題に直面した際に、「どうしましょう?」と上司に問うのではなく、「こうしようと思うのですが、どうでしょうか?」と自分で考え具体的に提案するなど、当事者意識を持って取り組むことです。これからも強い意志を持って事業推進ができるよう、真の実力を身に付けていきます。

小暮 哲理 - 紹介写真1

安定基盤の上で攻めの海外進出を

関電不動産開発の強みは、安定した事業基盤を持ちながら、新たな挑戦に取り組む姿勢があるところだと感じています。2019年に発足した海外事業部は、正に挑戦を続ける部門であり、今現在も次なる国への事業拡大を模索しています。
挑戦の中には当然未知の出来事があり、海外住宅事業においては、各国における住まいの考え方の違い等が挙げられます。タイのマンションでは豪華なプールやラウンジの設置が一般的であり、その他コンセプトの打ち出し方、販売手法にも日本と異なる点が見られます。最近はようやくそれがおもしろいと感じられるようになりました。
まだまだスタートラインに立ったばかりですが、将来的にはシエリアブランドと、その高いクオリティを海外に拡げたいと考えています。

小暮 哲理 - 紹介写真4

私の好きな物件

シエリア堺東 三国ヶ丘

最初の配属先の住宅事業本部で、着工から竣工まですべて担当した物件です。更地の状態から、外観・内装ともに魅力的なマンションに仕上がる様子を間近で見ることができ、特に印象に残っています。

シエリア堺東 三国ヶ丘
OFFの私
my FAVORITE
#音楽活動
favorite
学生時代に打ちこんでいた合唱やアカペラに加えて、最近はギターやキーボードも始めました。初ボーナスで買ったシンセサイザーは今では私の生活の一部です。
その他社内のイベントでも音楽好きの先輩方と共演するなど、充実した音楽生活を送っています。
  • 2016年入社
  • 開発マネジメント部 地域開発・まちづくりグループ
  • 遠藤 菜美
arrow