人に、街に、明るい未来を【関電不動産開発】RECRUITING SITE

社員紹介

良いものを建てなければ意味がない。それがプロジェクトリーダーとしての原動力になる。 関電不動産開発株式会社 住宅事業本部 開発第一部 第二推進グループ 笠原 啓太

街づくり全てにかかわる“カッコいい仕事”

学生時代は建築学科に在籍していたのですが、業界に特別詳しかったわけではなく、就活時は漠然と不動産関係や建築関係を中心に企業研究を行っていました。そんな中、出会ったのが不動産デベロッパーという存在。物件の企画段階から設計や施工、さらに販売や運営管理に至るまで、一貫してかかわることができる仕事と知り、その魅力に惹かれました。例えば、設計会社では主に設計に、施工会社では主に建設に携わります。すべてを統括する発注者という立場に、「こんなにカッコいい仕事があるんだ」と感銘を受け、自分自身もデベロッパーの一員として街づくりに携わりたいと決意しました。

なかでも関電不動産開発は、関電グループの総力を結集した事業展開が可能であり、賃貸事業を中心に収益基盤が安定しているというところにも魅力を感じました。また、今後は開発事業を更に進めていく時期だったので、私自身も一緒にその流れに乗り、さまざまな物件を手掛けたいという思いがありました。会社の土台である安心感と今後成長していく期待感が入社の決め手です。

企業をまとめ上げる“調整役”として

現在は分譲マンションの企画・開発業務を担当。プロジェクトリーダーとして、商品(マンション)企画の検討段階から、お客さまへの引渡しまで、幅広い業務にかかわります。まず、当社が購入したマンション用地をどのように事業化するかを考えます。ターゲット層から価格帯や間取り、導入する設備などを決定し、それらをまとめた企画書を設計事務所に提出後、修正を繰り返し形にしていきます。計画が固まると、施工会社との打ち合わせ後、行政の許可を取得し、販売のタイミングにあわせて、広告代理店を通じて広告活動を展開。その後も工事の進行に合わせて、お客さまへの引渡しまでの間、各協力会社との協議を続けます。

同じプロジェクトに参加していても、関係各社と意見が食い違うことがしばしばあります。そのような場合、全体の調整役として、各方面の意見をすり合わせていくことも重要な業務。お客さまへの引渡しまでのスケジュール管理や予算管理を行い、プロジェクトに支障をきたさないように、進行しなければなりません。特に開発コストに関しては交渉の連続。当然、各社とも利益・収支を考えなければなりませんから熱が入ります。しかし、あくまでも良い物件を建てることが私の役目なので、単に設備や工事の仕様を落とすのではなく、品質を確保しつつコストを抑える工夫を凝らすよう常に心がけています。

街づくりの醍醐味の陰には、地道な努力あり

敷地条件や予算、そして法律などの制限の下で、より良いマンションを実現していくことは、まさにこの仕事の醍醐味です。最近では図面の上に自分の思い描いた建物が反映されていく実感があり、やりがいにつながっていますね。入社当時はマンションの仕様書や企画会議で使われる専門用語が難しく、まるで暗号のようで、それらをなんとか解読する毎日でした。地道に勉強して経験を積み、より良いマンションを作ろうと常に努力してきたことが、今になって報われていると思います。

私は今5年目ですが、実は企画から竣工・引渡しまで一貫して担当した物件がなく、自分が企画した物件が出来上がった喜びをまだ味わっていないんです。マンション計画は3〜4年と長期間にわたるので、その分、完成の時が一番嬉しいと思いますし、その瞬間がとても楽しみです。また、担当マンションの中には販売を開始しているものがありますので、自分のかかわった物件の広告を目にする機会があり、その時はやはり嬉しくなってしまいます。

ある一日のスケジュール

皆さまへのメッセージ
関電不動産開発には、若手にも仕事を任せていく風土があります。雑用が多いという意味ではなく、自分の物件を担当し、プロジェクトを推進する責任ある立場に就けます。もちろん上司・先輩がしっかりフォローしてくださるので、自信を持ってチャレンジできる職場です。大切なのは、やる気と良いものをつくりたいというマインド(志)。最初のうちは、知識や経験がないのは当たり前なので、『街づくり』に最初から最後までかかわりたいという人には、ぜひ入社して欲しいですね。