人に、街に、明るい未来を【関電不動産開発】RECRUITING SITE

社員紹介

熱い心で周囲を巻き込み、テナント誘致の舵をとる。 関電プロパティーズ株式会社 営業推進部 リーシンググループ 大谷 悠馬

業界随一の“人の魅力”が後押し

大学では市民工学科という学科に所属しており、都市計画や土木などを勉強していました。先輩方は不動産関係に進まれる方が多く、私も何らかの形で、街づくりにかかわりたいと思い、就職活動を行っていました。デベロッパーについては、学生の頃から知っていたのですが、詳しい業務内容とその魅力に気が付いたのは、企業・業界研究を行ってからです。説明会に参加するうちに、あらゆる面で街づくりにかかわることができる総合デベロッパーの仕事に惹かれていきました。

関電不動産開発に関しては、当初は数あるデベロッパーの一つという風にしか意識していなかったのですが、セミナーに参加してからは印象が一変。入社前にもかかわらず、社員の方々と交流する機会が多く、仕事の話のみならず、個人的な悩みにも親身に応えていただきました。就活を通じて、これほど真摯な対応をしていただいたことはなく、ぜひ共に働きたいと思い、選考に進みました。なにより、人の魅力が一番の入社理由です。

ボート部の経験を武器にテナント誘致に邁進

今は入社2年目で、テナント誘致が主な業務です。担当するオフィスビルをお客さまに紹介して、テナントとして利用していただけるように営業活動を行っています。入社した当初は、先輩に同行していただいき、どのようにビルを紹介していくのか、お客さまとのやり取りを見ながら徐々に業務を覚えていきました。一人で営業出るようになった後も、商談の内容は上司に逐一報告し、部署で情報を共有。必要に応じてアドバイスやサポートをしていただいています。費用面や環境面など、多岐にわたるお客さまのご要望を叶えるのが私たちの責務であり、難しさでもあります。そのため、担当している物件自体の特徴や利点はもちろん、周辺の環境までリサーチした上で、提案を行います。どのような業種の企業が使用するのかをしっかりイメージして、お客さまが本当に求めているものを把握しなければなりません。私自身、至らない部分が多々あるので、広い視野を持ち、ニーズに合った提案ができるように努めています。

まだまだ勉強中の身ですが、学生時代にボート部に所属していたときの経験は、少なからず現在の業務に活かされていると感じています。このときに培った、チームをまとめていくためのコミュニケーション能力をはじめ、同じ目標に向かって周囲を巻き込んでいくマネジメント力などは、仕事においても必要不可欠。「気持ちは熱く、頭は冷静に」という当時のコーチの教えを胸に、現在も業務に励んでいます。

初契約が教えてくれた仕事の奥深さ

初めて契約をいただいたときのことなのですが、自分の担当しているビルを訪れた際、たまたまその物件を見ている方がおられました。お声掛けすると、物件を探しているとのことだったので、早速その場でビルをご案内。その後もしっかり連絡を取り、やり取りを続け、最終的には良い返事をいただくことができました。もちろん契約が決まり大変嬉しかったのですが、それと同時に、偶然の出会いがテナント誘致につながったということが、大きな驚きでもありました。些細な出来事でもビジネスチャンスとなりうるということを知り、営業という仕事の奥深さを実感。そのお客さまとは現在も関係が続いており、定期的に挨拶に伺っています。今後新しい案件につながっていけば、よりいっそう仕事の面白さを感じられると思うので、この出会いを大切にしていきたいです。

また、営業をしっかりと経験した上で、将来的には、開発業務に携わることができればと思っています。ゼロから街を作っていくのはデベロッパーの特権ですので、やはり、私もそのやりがいを体感したいですね。

ある一日のスケジュール

皆さまへのメッセージ
関電不動産開発は、本当に風通しの良い職場ですし、社員同士の仲も良くプライベートでも交流のある方が多いのは魅力だと思います。そして、互いのことを気にかけてアットホームな雰囲気がある一方で、真面目に良い結果を目指して、仕事に励んでいる誠実な方が多いです。入社してくる後輩の方々にも、何事も一生懸命取り組んでいただければ嬉しいです。仕事に関しては、最初のうちはわからないことも多いと思いますが、上司・先輩とも真摯に指導してくださるので、安心して入社してくださいね。